俺はもともと兼業トレーダーを一貫して進めている。正確には、兼業トレーダーから始めることを。

 

まぁ色々理由はあるんだが、トレードに関する単純な理由でいうと、”勝ちやすい”というメリットがある。

 

これは、別に専業より兼業の方が優れた売買ルールを構築しやすいとか、そういうわけではなくて、単純にメンタルの問題だ。

 

マーケットにおける大きな歪みの原因として、人の心理があるというのは話してきたが、その一つに”リスク選好バイアス”がある。(俗にいうヒューリスティックの一つ)

 

つまり、人間は、同じ期待値でも、損失に対してリスク選好的になり、利益に対してリスク許容的になるという、あれだ。

 

10000円を確実にもらえるのと、50%で20000円、50%で0円もらえるゲームなら、80%の人は前者を選ぶ。

逆に、10000円必ず損するのと、50%で20000円、50%で0円損するゲームなら、80%の人が後者を選ぶ。

 

両者とも期待値は同じだが、これは行動心理学で結果が出ている、人間の本能的なバイアスだ。そしてこれが大きくマーケットにおける歪みの源泉となっている。

 

だが、これはかなり物事を単純化している。実際、これは、”出てくる人物の所有財産水準がほぼ同じ”という前提条件を置いていると考えられる。

 

つまりだ、1億すでに持っている人間に対して、上のゲームをすれば、得に10000円確実にもらえるか、50%で20000円、50%で0円なら明らかに80%が前者を選ぶというレベルに偏ることはないということだ。

 

1億既に持っていれば、別に10000円など大したカネではないわけで、それなら少しリスクを取ってやろう、、となる。

 

つまり、この行動心理学的なバイアスは、経済学で言う”効用関数”の各人における違いを、考慮に入れていない。

 

トレードにおける格言、”損は早く切り、利は出来るだけ伸ばす”というものは、基本的に行動心理学のバイアスに反する行為だ。

 

つまり、本能的に厳しい行為ということで、それがトレーダーが本質的に勝ちにくい原因になっているわけだ。(塩漬けやチキン利食いが代表例)

 

だが、その傾向はあるとしても、”専業”と”兼業”では、そもそもの安定性が違う。

 

専業であれば、フロアがない。つまり支えてくれる安定収入がない。

この状態では、かなりこの、本能からくる行動心理学のバイアスに抗うのが困難になる。

 

だが兼業であれば、一応のフロアの収入がある。

そして、そのことが、兼業トレーダーのリスク許容度を変化させる。

 

先の例でいう、1億持ってる状態と似たような精神状態を作ることが可能になり、比較的本能に抗うことを容易にさせる。(当然だが、ポジションサイズによる)

 

つまり、この両者において、”効用関数”に大きな差がでることになり、それが両者における埋められない優位性の差につながるというわけだ。

 

これが、俺が基本的に兼業をお勧めしているトレード面での大きな理由だ。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら