ランキングが非常に落ちてしまった、、みんな元気を分けてくれ、、


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

 

 

俺のブログではおなじみの、尊敬するレイダリオ氏が現在の相場の見立てについて語った。

 

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-11-16/OGPR086JIJVE01

 

トランプ政権は、巷でも言われてきたことだが、レーガン政権そっくりの動きになりそうだとのこと。

 

ダリオ氏は「大規模な大統領主導の徹底したイデオロギー転換が起きると確信している。トランプ氏は伝統的な国内製造業の浮揚を何よりも重視する政策を推進するだろう。はるかに企業寄りで保護手記的な色彩が強いものだ」と語った。

 

彼が確信していると強い言葉を使うのだから、(英語ではWe believe)相当自信があるのだろう。

 

さらに、政権入り候補者は彼の主張するEconomic Machineを理解しているとのことで、経済を苦境に陥れるようなまねはしないだろう、とべた褒めだ。

 

彼のEconomic Machineという論文は俺も何度か紹介しているが、一見の価値がある。

 

論理的で、しっかりと形作られており、理解が平易、かつ実績がある。

 

基本的にジョージソロス氏とレイダリオ氏の言うことは手放しに信じてしまうたちなので(著作・論文等で理論に傾倒しているので)、レーガン政権時代のようなマーケットになっていく可能性は俺も高いと考えてしまう。

 

ちなみに、FX攻略.comでも挙げたが、ドル円の大統領選後の動きとしては、中期的にはドル高だが、4年以上の長期でみると、かなりの確率でドル安、つまり円高方向に動いていくと考えている。

 

共和党政権と民主党政権の転換のアノマリーはこのブログでもちゃんと扱ったが、勿論ドル円もその動きに追随する。

 

下がドル円のレーガン政権時代のチャートだ。(1981~1989)

%e3%83%89%e3%83%ab%e5%86%86-2

まぁ、どこまで相似していくかはわからないが、今のところかなり近い推移になっているのではないか。

 

つまり、ドル高円安でまず反応し、2年を超えたあたりから横ばいとなり、Wtopで落ちていく。

となるとゆっくり為替相場をみていって、もし四半期の足でみてこの共和党政権下でwtopが出れば、鬼ショートしていくのが正しい戦略なのかもしれん。

 

ただ、このwtopでネックを割った時の大きなファンダメンタルズの変化として、かのプラザ合意がある。

 

なので、勿論前提条件含め真剣に考慮する必要はあるだろうが、、、

だが、歴史は繰り返すのが面白いところよ。人類は全体でみれば学ばないんだよねこれが。

 

まぁー、デイトレの場合はこの前も言った通り当分は106円超えているので、ロング目線で拾っていけばよいと俺は考えて、実際にそうしている。

 

ちなみに株式相場はこの時どうだったかというと、以下のようになっている。

kabu

日経だが、もう、超アゲアゲ。

 

ロングオンリーじゃないのであんま関係ないのだが、本当にこうなっていくのだろうかね。

 

1988年からのバブル期での上昇はまぁいいとして、それまでもしっかりと上昇している。このころ円高不況など様々な苦難があったにもかかわらずだ。

 

基本的にこのころのファクタースコアが高いのも、インフラ関連・資源関連で、現在のトランプ後の相場でのリターンとも酷似している。(今はそれに加えて金融が上がっているが、これはMUFJ以外は大きくファンダメンタルズを読み違えていると個人的には考えている。大型株の需給要因によるリバーサル相場が一服したところでしこたまショートを考え中)

 

まぁ、素直にこういう相場が来たらいいんだがね。こういう資金が流入する相場ってのはヘッジファンドにとってはものすごく勝ちやすい相場なんだわ。

 

まぁ、未来のことはわからないが、レイダリオ氏のこの発言は、個人的にはこれからの運用環境に希望が持てる内容だった。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら