ランキングが非常に落ちてしまった、、みんな元気を分けてくれ、、


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

 

 
「どんな相場でも必ず通用する売買ルールなんてものは存在しない。だから分散してリスクを減らさなければならない。」

 

これは、一見正しいが、果たして本当にそうだろうか?

 

俺のFXのルールなら、トレンドフォローが基礎なので、トレンドが出ていない時は通用しない。

 

FXではトレンドが出やすいこと、初めて触った時からデイトレしか選択肢がなかったこと、現在は会社のプロップ資金でやらせてもらっていることから、特に管理報酬からくる運用責任みたいなものがないので、トレンドが出ていると判断した時のみポジションを取ればよいことから、細かい手法の違いはあるが、ルールは一本でやっている。

 

ただ、株では、管理報酬を取っている分、基本的には常にトレードをしていなければならないという運用責任が生じる。(明文化されているわけではないが、暗黙のルールとしてある)

 

なので、リバーサルでも、モメンタムでも、バリューでも、グロースでも、サイズでも、どういう時でもアルファが追求できるよう、株では戦略を15個くらい同時に走らせている。(現実にはポジションサイズのバランスもあるし、必ずしもファクターニュートラルにはできないので、毎日儲かるなんてことはできないのだが)

 

つまり、俺自身、FXでは集中投資、株では分散投資と併用した状況になっていると言える。

 

ルール一本で勝負するか、様々な戦略に分けて分散してリターンを追求するかは、一概に正解はない。

 

ただ、大儲けしたい、それこそ有名な個人投資家のように儲けたい!と思うのであれば、正直分散なんてしている場合ではない。

 

銘柄分散、戦略分散を徹底することで、リスクは減るが、勿論リターン幅も減る。シャープレシオ自体は改善できる可能性はあるが、MAXのリターンを上昇させながらリスクを減らすなんてことは至難の業だ。

 

なので、基本的に大儲けを狙う個人投資家であれば、潤沢な資金があれば別だが、基本的には集中投資ということになる。

 

一方、大体の日本のHFだったり、ファミリーオフィスだったりのマネージャーに期待されることってのは、大儲けではなく、資産を減らさないことだ。

 

なので、絶対値としてのダウンサイドリスクにものすごくプレッシャーがかかる。こうなると、戦略分散するしかどうしようもない。

 

如何に年平均リターン30%が期待できても、15%のダウンサイドリスクがあるのであれば、顧客は資金を引き揚げてしまう。

 

集中か、分散か、それは自分の置かれている立場、求めるリスク、リターン比率、絶対値としての期待リターンなどによって、機動的に変わるものだ。

 

ルール運用の面でも、画一的に考えるのではなく、自分に合った行動をとるようにしてほしい。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら