トレードルールには、これという正解はない。

 

しいて言えば、勝てれば全て正解だし、負ければ全て不正解だ。

 

だが、どんなルールでも、勝てる時は勝てるし、負ける時は負ける。

なら、全てのルールが、正解であり不正解である不完全なものといえる。

 

では、ルールなど意味がないのかといえば、そんな時はない。

 

ポイントは、「どんなときに正解になるのかわかっているルール」を用いることだ。

 

いつ、どういう相場の状態であれば勝てるのかが分かっていれば、そういう相場状態が全体の中で期間として多いのであれば、トータルでは勝てる。

 

いつ相場状態が転換するかは分からなくても、トータルで自分に有利な相場状態が長いなら、それはトータルで勝てる、立派なルールとなる。

 

ドローダウンを抑えたいのであれば、自分が今使っているルールと、相関がほとんどなく、かつちゃんとトータルで勝てるルールを併用すればいい。

 

どちらにしても、売買ルールというのは、それそのもの、結果に価値があるわけではない。
それを作っていくプロセス、というか、ルールの哲学に価値があるわけだ。

 

だから、一番は、自分で考えて考え抜いて作り上げたルールでトレードをすることになる。それが、一番裏側で何故機能するのかを理解できるから。

 

他人のルールを使う時も、そのルールの裏側を完全に理解しなければ、使ってはいけない。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら