さて、今日も質問に答えていこうと思う。

 

引用ここから

いつも有益な情報の発信ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。
 動画講座、チャートブックともに未購入です。そちらに含まれる内容でしたら、差支えのない範囲でご教授頂けると幸いです。
 他のブログなどでダウ理論で環境認識をする前、今までの価格の推移を(大雑把過ぎず、細か過ぎずに)捉えるためにローソク足の上にラインを引いて、波形認識をするものが幾つかありました。チャートをシンプル化するのに良い考えだと思いましたが、紹介されていた認識方法ではしっくりきませんでした。過去検証をする中で自分なりに試行錯誤している今日この頃です。
 月光為替様はこのような認識はするのでしょうか?月光為替様の目にはローソク足の連なりがどのように見えているのか知りたく、質問させて頂きました。長文失礼しました。

引用ここまで

 

ローソク足にラインを引いて波形認識をするとのことだが、俺はそんなことはしたことはない。

 

結局、高値が切りあがっているか、安値が切り下がっているかどうかがダウ理論にとっては重要なので、チャートになるべく余計なものは書き込みたくないので、そういうことはしない。

 

まぁ、最初のうちに練習として、波形を書いてみるのもいいのかもしれんが、結局のところダウ理論でのトレンド認識に必要なことは直近の高値、安値と現値、そして今までのトレンドだけなので、特にそういう練習は必要ないのではないかと思う。

 

そもそも、ダウ理論というと何か相場の核心であり、定理めいた響きがするが、単なる環境認識法の一つに過ぎない。

FX市場の優位性であるトレンドの続きやすさをルールに組み込むための、一つのトレンド認識法であり、これが絶対というわけではない。

 

ただ、古典的なチャート分析法であるダウ理論が、トレンドの有無を考える際用いられることが多いので、それを使うのが相場についていく上で無理がないということで、俺も用いている。

 

最も大切なのは、自分でトレードの検証をする際、その時のトレンド認識に、なるべく主観を入れる必要のないものを使うこと。

 

ダウ理論は、その時までのローソク足の終値で、環境認識が、10人やって10人同じになる。(勿論注目する時間軸によって差は出るが)
その明快ささえあれば、別にトレンド認識法はなんでもいい。

 

ただ、それと決めたら一つの方法を使い続け、チャートを見た瞬間ぱっと判断できるくらいに習熟すること。
そのための練習法としてローソク足にラインをひいて波形練習することが自分に必要だと思えば、すればいい。

 

そして、自分のトレードしたチャートは、勝ちも負けも全て残しておくこと。

 

後でみても、常にその時と同じ判断を下せるようになっていれば、自分の中でルールが習熟していると考えていい。

 

FXは、ある程度理論的に優位性がありそうなルールを作り、検証した後は、あとはパターン認識力の勝負になる。

 

勿論俺の言っていることも、たまたま俺にだけうまくいっているだけかもしれない。常に猜疑心をもち、自分で検証し納得していくことを忘れないようにしてほしい。

 

あなたのトレーダーとしての成功を、陰ながら祈っている。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら