さて、少し混乱させてしまったようで申し訳ない。

 

まず、トレンド方向にあるラインでのブレイクアウトの概念と、トレンドと反対方向のラインでの逆張りが押し目買い、そしてトレンド相場において最悪なのがトレンド方向のラインでの逆張りというのも、その理解で問題はない。

 

ただ、質問の、「ブレイクアウトではの一文はいらないか」というと、俺の意図することを伝えるには必要な文章だと俺は考えている。

 

なぜなら、ラインを常に逆張りに使うのであれば、トレンド方向のラインで常に最悪の結果になるとは限らないからだ。

 

要するに、「トレンド相場ができていて、かつ自分がそのラインで勝負した時にトレンド相場が続いていた場合」、トレンド方向のラインで逆張りすると最悪の結果になる。なぜならブレイクアウトをしてしまうからだ。

 

だが、「トレンド相場ができていて、自分がそのトレンド方向のラインで逆張りした時、丁度トレンド相場からレンジ相場への(もしくは逆のトレンド相場への)転換点であった場合」、そのラインでの逆張りは正解になる。

 

書き方が悪かったかもしれんが、俺がここで伝えたいことは、

 

「トレンド相場、レンジ相場ができていたとしても、今自分がエントリーした瞬間からその相場が続くかどうかは誰にもわからない」

 

「何もわからないという前提に立った時、自分がエントリーしてからトレンド相場が続き、かつそのラインでブレイクアウトした時のみ、ラインでの逆張りというのは最悪の手段になる」

 

ということだ。

 

要は、確率的に全てのラインで逆張りした方が、一見優位にみえませんか?って誘導したかったわけである。

 

ただ、確かにもう一度読み直してみると、かなり意味不明な文章に仕上がっているのは確かだ。

 

まぁ、本職が物書きではないので、大目に見てあげてほしい。

 

質問されれば、いつでも自分なりにさらに噛み砕いてお話しするので。(それでもわかりにくい時もあると思う。その時は、”所詮月光為替の言語能力はこの程度なんだな”と鼻で笑っていてくれ)

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら