ヘッジファンド資産が3兆ドル突破したらしい。

 

ただ、資金流出の中、資産の値上がりで3兆ドルを突破したわけで、なんだかんだちゃーんと運用益をあげてるところはあげてるのねという印象。

 

もうアジア圏ですら管理報酬は1%とかが普通になってしまって、それでもヘッジファンドに対する風当たりは依然強いわけだが、やっぱこう数字でみるとアセットクラスの一つとしては魅力的にうつるだろうなぁとおもう。

 

ただ、問題は平均的なファンドは芳しいリターンをあげれず、一部のスーパーファンドがリターンを底上げしているだけってところか。まぁでもこのあたりはどんな業界でもそうでしょって感じがするけども。

 

Yahooのしょうもない記事で、ヘッジファンドの驚きの給料事情に関するニュースがでてたが、勘違いしないでほしいんだけどもあれは米国がほとんどですからね。

 

ファンド規模が40億ドル超えてるヘッジファンドなんて日本にほとんどございませんから。(外資以外は)
AIJの前にはそういうファンドもちらほらあったんだけどねぇ、、悲しいこった。

 

だいたい日本のヘッジファンドってのは小規模、つまり5億ドル程度の運用資産なわけよ。それでもでかいほうなくらい。

 

その場合での給料は、大体この記事は的を得ているという感じ。

 

でも、基本給はもっと少なくて、ほとんど歩合ってのが現状なので、稼いでいない人はほんと困窮しているのがこの世界。一度烙印を押されてしまうとなかなか戻ってこれないってのもあるしな、、

 

だがまぁこんな面白い仕事ってのもなかなかないからねぇ。ストレスは尋常ではないが。とりあえず今日は手抜きだけどこんなところで。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら