相場には必勝法はなく、あるのは正しい考え方や、知識と、それを運用する人だけ。

例えば物凄いアルファのある手法を教わったとしても、それに最初から何も考えず頼ってしまうと、いずれ必ず勝てなくなる。

自分のものにしようと努力を怠らなかったものだけが、手にすることができる。うわべをさらっていてはいけない。

 

まぁ、こういうことをこのブログでは本当に口酸っぱくいってきた。

 

話は変わるが、おれは結構長いこと合気道をやっている。

で、合気道といえば、まぁまず思い浮かべるのが”脱力”だろう。

 

だが、”脱力”と”力が入っていない”のは、同じようで全く違う。

もう10年以上になるが、今までいろいろな初心者がいたが、最初っから力を抜こうとして、ふわふわの合気道を頑張っている奴で、最終的に芯のある、強い合気道ができたやつを俺は見たことがない。

 

とにかく、力が入っても全力で、全力で技を行い、数練をこなし、力がもう入らない、というレベルまできて、ようやく何かをつかめ、そしてそれを次の日にはまた忘れ、永遠とも思えたこの繰り返しを続けているうちに、いつのまにか、”芯のある脱力”ができるようになる。

 

たとえて言うと、剣道の時に竹刀を握っている感触に近い。小手をしているから、手に密着しているし、変に力んで握力をいれていない。それでいてしっかりと”握れている”。

 

だからこそ、竹刀を早く触れる。力んでしまっては早く触れない。だが、力んではいないがしっかりと相手に打ちの強さが伝わる、そういう握り。そういう感覚。

 

これを、生身の体に技をかける時、もっといえば実生活でもつねにこの状態にしているのが、合気道でいう”脱力”した状態。

だが、逆説的だが、”力み”を知らぬ者には”脱力”は知りえない。

 

不思議と、トレードでも同じなんだなぁ。手法の上辺をさらっては、ただ”力が入っていない”状態にしかならない。

とことんまで切り詰めて、自分自身が聖杯となって、”脱力”できた状態になる。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら