習うより慣れよとはよく言ったもので、とりあえずトレードでも”やってみる”というのは重要だ。

理論的に、限りなく正しいトレード理論を構築し、期待値プラスのルールを作り上げ、しっかりと過去検証を行うこと。勿論それも大切だ。

だが、同時並行的に、実践で、実際のトレードの感覚をつかんでおくというのも、同じくらい重要になる。

 

FXは株よりも、幸運にもデモトレードの環境が整っている。この整った環境をうまく使わない手はない。

どんなトレードルールも、まずはデモでもいいから実際に運用してみないことには、改善すべき点も思いつかないし、トレードの経験値にならない。

 

当然、何も考えず素振りをしていても、成長速度が遅いのと同様、何も考えずずっと感覚でトレードをしていても、大した経験値にはならない。

ちゃんと、一つ一つ実践だと思い、しっかりとルールを頭に浮かべながら、さらにそのトレードを改善していく方法を頭に浮かべながらトレードを行う。

 

そうやって、自分なりにブラッシュアップされていったトレードルールにこそ、値千金の価値がある。

 

その後、大きな金額を扱っていくにつれ、かならずそういったデモや小さい額の時との差異ってのが生まれる。それはほとんどの人間が、どれだけ”機械的に”なろうとしても必ず通る関門だ。

 

でも、これもとりあえずビビッていては話にならない。まずは習うより慣れろ。理論をいくら叩き込んでも、人ってのは大きい金額の前には必ずしり込みするものだ。

 

ずっと経験していれば、ある程度、”心がざわつきながらも”客観的にトレードできる感覚ってのがつかめてくるし、常に考えながら大枠でルールに沿ったトレードってのができるようになる。

 

”こうこうすれば大丈夫”、”メンタルを治すにはこうすればいい!”みたいなものなんて、ないない。それはたまたまそいつがそうやって克服していっただけ。そんなものに再現性なんてないんだよ。

 

トレードってのは壮大な自分を見つめ続ける旅ともいえる。人間ってのは複雑で、そんなパターンにはまった解決策でみんながみんな変わることはない。

その自分だけの解決策を見つけるためにも、まずは、慣れる。習うより、慣れる。

 

いくらやっても上達しない、勝てない。それでも、やり続ける。

もしかしたら、永遠に勝てないかもしれん。そういう人間もいる。それが相場の世界だ。

 

努力したら必ず成功するなんて世界、そんなリスクフリーの世界が相場にないことは知ってるだろ?でも、努力しないと、必ず成功しない。

残酷だけどもそういう世界。仕方ないと割り切って、とにかくまずこの世界に慣れてほしい。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら