そろそろ実際にAIファンドのプロジェクトが俺の所属するファンドでローンチするということで、この間結構現在のAI技術に対して勉強をしてきた。

 

それで、かなり自分も含めてAIというものに対して誤解している人が多いのではないかという印象となった。

 

まず、おおいなる誤解として、ファンドマネージャー・トレーダーが全ていずれAIに置き換わるという誤解。

 

これは、まだまだ訪れることはない。

 

なぜなら、今ブームとなっているAIにおける大きな技術革新として、ディープラーニングというものがあるが、これは「認識」の部分をかなり飛躍させた技術であり、「推測」はまだまだ弱いということだ。

 

どういうことかというと、具体的にはディープラーニングによって、人間では気づくことのできなかった「特徴」をとりだすことが可能になった。

 

つまり、データとデータを結びつける関係式の係数を機械が勝手に見つけてくれるようになったということ。

 

だが、当たり前だが、我々が入れた学習データに対してのみ特徴を取り出すことができるので、例えば「財務諸表」を学習させていないAIが勝手に「財務諸表」のデータをどっかからもってきて、株価との関係性を見出していく、ということは起こり得ないということ。

 

これはつまり、「人間が与えた学習データ」以上のことは自律的に学べないということだ。

 

もし、全世界のありとあらゆる全ての情報を全て集めて処理ができるようになったとしたなら、そこから特徴を取り出して、今までの株価モデルよりも圧倒的高次元のモデルは作れるだろう。

 

だがそれはマシンパワーの問題で現実的に不可能だ。

 

つまり、「こういうデータからこういうデータをとっていきたい」という戦略を考える人間は、常に必要になるということだ。

 

ただ、執行という意味でならAIがやってくれるようにはなるだろう。そりゃ、すでに注文から執行まではアルゴが俺たちでも普通だが、その注文までやってくれるようになるってだけの話。

 

結局のところ、システムにやらせる「戦略」を考える人間は常に必要ということだ。

 

AIがあると何が楽って、自分の戦略のコピーを作って、そのスクリーニングを高精度に不眠不休でやってくれることが一番大きい。

 

我々も、AIファンドはAIファンドとして、日々の業務の短縮のために、様々な自分達の戦略におけるスクリーニングを、ある程度自動でやってくれるAIも作成しようと考えている。

 

勿論、現在のAIのレベルでは、機械のスクリーニングから、さらにそれをスクリーニングし、ポジションサイズを決める、というところは我々が介在するわけだが。

 

で、最近、自分のFXのルールを完全に自動売買システムにしてしまおうと思っている。

 

俺のルールで、俺のトレードを完全には自動売買のアルゴリズムには落とし込めないのだが、勿論ある程度は落とし込める。

 

んで、それで10年とか20年とかバックテストして、そのバックテストしたデータと、自分が指標としてる情報をさらにTensorflowでディープラーニングさせ、いわば「月光為替+」のシステムを作って、1ヶ月毎とかにリモデルしていけば、自動で俺のトレードをやってくれるシステムが作れるんじゃないかと考えているのだ。

 

勿論これは俺個人で使うので販売などはしないが、上手くいったらまた報告しよう。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら