この前最大手情報ベンダーと、AIファンドプロジェクトのためにビッグデータを落とす手順とか、料金とかの話をしたのだが、やはりこの手の話は今ものすごく増えているらしい。

 

それこそ、競合のHFはもちろん、セルサイドだけでなく、生保や商社まで、こういったクォンツ・AIトレードのためのビッグデータ入手にトライしようとしているようだ。

 

ただ、やはりといってはなんだが、欧米のヘッジファンドの投資は日本より2,3歩先を言っており、その投資額もものすごいらしい。

 

何銘柄でもデータ項目取り放題のものだと、年間2000万円近くかかるんだが、欧米ではかなり導入しているところが多いそう。

 

日本だと、ほとんど導入しているところはないらしい。まぁそりゃそうだよな。高いわ。

 

いやー、やっぱ改めて欧米ヘッジファンドは金あるねぇ、、、すげぇよ。

 

あと、面白かったのは為替の話。
個人投資家のレベルが一番高いのは為替らしく、むしろヘッジファンドですら遅れをとっているレベルらしい。

 

情報ベンダーとしても、個人の注文のタイミングがあまりにも絶妙で、色々とヘッジファンドから要望が多いらしいが、中々技術的にも難しいようだ。

 

多分個人にとって、FXはAPIとかがしっかりしているし、他のマーケットにくらべ情報の垣根も低いので、レベルの高いやつは高いんだろう。素直にすごいと思った次第だ。

 

まぁ、でもこれで大体どの情報ベンダーからどのデータ項目を引っ張ってくるか、といったところはおおむね固まった。

 

まぁまだやっと”データを集めることができる見通しがついた”段階であり、ファンドローンチまで鬼のように越えなければいけないところがあるが、、

 

とりあえず、最近は久しぶりに毎日9時近くまで残って仕事をしている。ただ、新しいことはやっぱ楽しいね。

 

まぁ、守秘義務もあるし、個社名はもちろん出せないし、色々と伝えられないこともあるが、今後も何か面白いことがあれば、そのライブ感だけでも伝えれるように、ブログには載せていきたい。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら