トレードのいわゆる”ノウハウ”の部分は、いろんな人間がいろんなことを言う。

 

その人物がトレードで収益を上げている限り、そのノウハウはその人物にとっては聖杯であることは間違いない。だが、それが万人に聖杯となるわけではない。

 

大体、トレード戦略をものにしていく過程ってのは、

 

1.アイディアベースから戦略を思いつく
2.その戦略でバックテストや、フォワードテストを行う
3.PLを改善するために、戦略の基盤を変えないレベルでの調整項を考える
4.さらにバックテスト、フォワードテストで改善をみていく。改善がみられるまでは3と4の繰り返し
5.ルーティンワークレベルで戦略を実行できるようになれば、その戦略が使い物にならないようにするために3,4,5を定期的に繰り返す

 

この過程しかない。

 

この繰り返しの中で、自分には合わないノウハウだったり、自分では実行不可能なノウハウかどうかが分かってくるわけだ。

 

ただ、何度もいうように、このうち、1の部分はとてつもなく重要なパートとなる。

 

そもそも、1~5をやるに値するかどうかは、1の部分でそのノウハウの核の部分が納得できるものかどうかってのがポイントになる。

 

クォンツ運用だと、この1の部分があいまいな時は確かにある。だが、そういう例外を除いては、基本的に1がしっかりしていないと、その戦略を検証していくのすら時間がもったいないということになってしまう。

 

相場は確かに頭でっかちに知識ばかりつめても、勝てるとは限らない。
だが、知識なしに1を判断できるほど、甘い世界でもない。

 

この世界に入りたての者は、まず知識を積んでいくところから、始めなければならない。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら