まぁ、トレーダーとして地に足がついてきたら別だが、最初は基本的に「良いトレード」ができることを目標に、トレーディングを進める方が良い。

 

では、良いトレードとは何かというと、それは必ずしも「儲かるトレード」ではない。

 

儲かるかどうかってのは、基本的に最初のうちは机上の空論でしかない。ちゃんと実績を作ってきていれば、期待値でトレードのことを語ることに真実味も増すが、初心者のうちで期待値がどうのといっても、「いや、お前の期待値は机上の空論やろ」って話になる。

 

確かに期待値は大事だが、まず最初に大事なのは、その期待値を得るために、自分が毎回「根拠のあるトレード」ができているかどうかだ。

 

良いトレードとはつまり根拠のあるトレードのことであり、順張り派からみると逆張りのトレードは良いトレードに見えなくても、そこに根拠があれば逆張り派には良いトレードということになる。

 

そういったトレードを続けていくことで、自分のトレード履歴が、「根拠のあるトレード」でうまる。

 

そこで初めて、自分のトレードで期待値の話が出来る。

 

検証で期待値がプラスになったら全てが終わるのではなく、そこがいわばトレード戦略のスタート地点にたったということ。

 

大事なのは、そこからだということを忘れてはいけない。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら