職業はファンドマネージャーというと、馬鹿な奴ほど「勝てる株教えてください」とか、「ドル円は買った方がいいんですか」とかしょうもないことを聞いてくる。

 

基本的にそういう奴とはもう会わないので、適当にその場は流すんだが、よくそんなしょうもないことを聞けるなぁと感心するものだ。

 

例えば自分がアップルの社員だとして、サムスンの社員に「今度どんな新機能をスマホにつけるの?」なんて聞くか?

 

冷静に考えて、今日会っただけの奴に一押しの銘柄とか、相場の方向感なんて話すわけもないだろう。そもそも、俺たちのような仕事の人間にとって、その話題はものすごくビジネスオリエンテッドな話になるわけだから、そういうビジネスの話を初対面の人間との話題にすること自体が無粋だってことに気づけ。

 

金融のことが少しでもわかっている人間であれば、そもそもどんなポジションも無数のポジションの一つであり、そこに全身全霊をかけているわけではないことが分かっているので、一つポジションを聞いたからといって何の意味もないことを理解している。

 

相場観なんて、長期投資家でもないんだからその時々でころころ変わるし、今それを聞いて何の意味もないことも理解している。

 

勿論、親しくなれば俺の相場の見方みたいなのは話す時もある。だが、それはお互いに信頼関係が構築できればこそだ。

 

社内の人間にすら、基本的に手法の核は隠していくような閉鎖的な人種がファンドマネージャーなんだから、赤の他人にそんなことを話すべくもない。

 

赤の他人に懇切丁寧にブログを書いている俺も相当お人よしだが、心配しなくても、これで俺のアルファが削れることはない。

 

そもそも、こんな難解なブログ、ほとんどの奴が挫折して、他のとこにいっちまうわけだからさ。

 

逆に、時折真剣かつ優秀な読者から、俺も気づかなかったような面白い指摘や相場の話を聞かせてもらったりもする。

 

多分このブログをしっかり読み込める読者ってのは、そこらへんの適当な馬の骨とは違うんだろうなというのが最近の印象。

 

なので、案外win-winの関係を築けていると俺は勝手に思っている。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら