自分のとっているポジションが、想定と逆に行ったときに、初心者のうちはうろたえて塩漬けするか、たまらずチキン利食い、チキン損切りするだろう。

 
中級者になると、損切りまではある程度待てるし、利確でも、基本的に自分が思ったところまで引っ張ることが出来る。
 
上級者になると、状況に応じて経験と勘で、上手く損切りと利確を「伸ばす時」「切るべき時」と分けて判断できるようになり、初心者の時とは見違えるようなトレードができるようになる。
 
 
 
さて、ではここで初心者と上級者で、改善幅ってどれくらいあるのか想像したことがあるだろうか。
 
 
例えば初心者が、40%のトレードで成功し、60%のトレードでまずい判断をしたとする。
 
では、上級者なら、この割合がどうなるのだろうか?60%で成功?それとも80%か?
 
 
実は、全く違う。上級者でも53,4%のトレードで成功し、47,6%のトレードで失敗するくらいの割合だ。
 
 
え?そんなものなの?と思うかもしれない。だが、この50%からの数%が、5%,10%のリターンの違いをもたらすのだ。
 
 
我々は、いわば1%を求めに行って、経験や勘を駆使していると言っても過言ではない。
 
 
だからまぁ、とりあえずはそういうことを忘れて、中級者、つまりある程度機械的に処理することで、ひどいことにはならないというレベルを目指すべきってことになるわけだ。
ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら