今回も、質問の紹介だ。

 

引用ここから

いつも更新を楽しみにしております。
これからも愛読させていただきますので、引き続きブログの更新を応援しております。

月光為替様の動画講座を購入させて頂き勉強致しました。
エントリーに関することですが…
月光為替様がWTOPなどが完成される前に入り、完成後、建値までロスカットを引き上げる手法を取られていましたが、自分では中々うまく行かず、今までの自分の手法(WTOPなど完成後の戻り、つまりブレイク後にSRライン付近に指値を置いてSRラインに引き付けてエントリーしていました。)+月光為替様の手法で検証、実践しております。

そこで質問です。
月光為替様は指値でのエントリーはあまりなされないようですが、指値も滑りはあるのでしょうか?
http://yukihiro.hatenablog.com/entry/2016/10/11/100409
このようなブログを見つけたのですが、指値はプロの方はあまり使わないのでしょうか?

基本的なことで申し訳ないのですが、助言をいただけたらと思います。
お時間のある時などご教授よろしくお願い致します。

引用ここまで

 

基本的に指値で滑りはない。指値で約定せず注文が通らないことはあっても、指値である以上その指値で必ず約定する。

ただ、逆指値はその限りではない。つまり、相場急変時のストップ注文というのは、厳密には指値ではなく、その値がついてから成り行きで注文することになるので、滑ることは勿論ある。

 

で、プロの注文体系として当然指値は選択肢に上がる。

為替では俺は基本的に成り行きだったんだが、同じレベル(ライン)でしつこく玉をあつめるために指値を入れ続けるトレーダーもいた。

株においては、一気に玉をあつめたいならDMA、期間や出来高指定でなるべくマーケットインパクトを残したくないならアルゴ、あるレベルで玉を集めていきたいなら指値、という風に皆使い分けている。

参考になれば幸いだ。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら