今日は、スキャルピングにおいてのトレード日誌について質問が来た。

 

引用ここから

はじめてメッセージします。

トレード日誌についての記事がありました。

日誌について質問させてください。

記録をつけた方がいいか、つけない方がいいか、といえば、100%つけるに軍配があがります。

私もそう思います。

ところが私はスキャルピングをやっていまして、一日のトレード回数が数十回から100回を超えることも珍しくありません。

全てに対し、チャートを印刷し、エントリーの理由や、ポジションを持った時の気持ち、利食いのタイミングなど記録することは物理的に不可能です。

スキャルピングでも有効な記録の残し方などあれば、アドバイスお願いいたします。

引用ここまで

 

確かに、スキャルピングで一日に100回とかのトレード回数になると、一々つけてられないというのは理解できる。

 

俺はスキャルパーではないので、実際にこういうトレードをしたことがないのだが、修行の一環で、午前中の東京時間など、自分のメインのトレード時間ではないときに、5分足のローソク足のみでデモ口座でスキャルピングをしていた時がある。

 

この時は、勿論チャートなど印刷してられない。
だから、その時はなるべく機械的にいくつかの項目を定めて、それだけをエクセルにデータとしてどんどん積み上げていった。

 

例えば、長期のトレンド、中期のトレンド、短期のトレンド(自分なりの判断基準でいい)、プライスアクションがあったか、移動平均を超えたか、ボリンジャーバンドのどのあたりの位置だったか、利確の時の幅、損切りの幅、などだ。

 

俺はこれを、ただの自分の感覚の確認にしか使っていなかったが、実際スキャルピングするにしても、いくつか項目は絞って、それでトレード日誌をつけていけばよいのではないだろうか。

 

専門ではないのでふわっとしていて申し訳ない。我こそは!というスキャルパーの読者がいれば、回答を送ってきてくれると助かる。

 

では、参考になれば幸いだ。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら