失敗は成功の母というが、これは本当に正しい。

 

トレードは、失敗の嵐だ。それこそ、裁量でも、クォンツでも、とにかくたくさん間違って、その間違いから何かインプリケーションを得て、改善に活かしていくということを繰り返すしかない。

 

普通、人間は間違えたくないと思う。間違えること=悪いことという教育が根強く残っているためだ。

 

頭が悪い人間は(ここでは褒め言葉と受け取ってほしい)、そもそも間違えることが当たり前なので、正解することにこだわらず、何度も間違え、改善していくことに慣れている。
間違えることを恥ずかしいこととは勿論思っていない。

 

頭が本当に良い人間は、間違えることによって、つまり既知ではないデータの導入によって、決して観測できないマーケットのふるまいという真の状態の更新が可能になることを知っている。なので、より多くのデータを掴むため、進んで間違える。

 

中途半端な人間が一番厄介で、矮小なプライドを保つために、なんとか間違えないようにする。
間違えないように頑張ってふるまい、なんとか正しい絶対理論=聖杯を求めていく。

 

絶対唯一の正しい理論=聖杯と考えているならば、それは一生手に入ることはない。そんなものは存在し得ないからだ。

 

あるのは、与えられたサンプルデータにおいて、現時点で確からしく、ある程度汎用性のあるルールのみ、そしてそれは逐次更新していく必要性がある。

 

だから、聖杯というのは、考え方なのだ。決まったルール、システムが聖杯になることはありえない。必ずそのルール、システムの裏の考え方のみが不変もしくは不変に近く、そこから細かいことは逐次更新していくしかないのだ。

 

俺のルールを購入してくれた方々も、細かい部分ではなく、”演繹的に説明されているルールの考え方”というところが本当に重要な部分なんだと、理解してほしい。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら