トレードとは、究極的にはやることはルーレットに近い。
つまり、赤か白か0に賭ける。買いか売りかHoldに賭けるわけだ。

 

それは1ポジションのデイトレーダーだろうが、ポートフォリオマネージャーだろうが、本質的には変わらない。

 

だからこそ、誰でも出来るんだと勘違いしてしまう。

 

例えば、面白い事例で言えば、我々のようなファンドを例にあげよう。
大体のファンドがそうだと思うんだが、まず最初ジュニアで入ったものは、少しづつ市場の勉強や銘柄の勉強、ロジックの勉強などを重ねると同時に、先輩マネージャーの発注の手伝いをする。

 

逆に言うと、先輩マネージャーが、いつどういう株を買って、どういう時に売るのか、つぶさに丸わかりなわけだ。

 

そして、発注はいわば、株数と銘柄コードをエクセル等に入れて、システムに送信するだけなので、誰でもできる。

 

だが、そのポジションをとるまでに至った考えだったり、戦略は、残念ながら簡単には真似できない。

 

素人は、TV等の影響で、ただトレーダーはポチポチボタンを押すだけで儲かると思っている。だから、「汗水たらして働くのとは違う、あこぎな商売」と思われる。

 

その裏で、どれだけ脳味噌がフル回転しているかを知らない。そのボタンポチまでに働いている思考量は、決してTVを見ているだけの素人には想像がつかない。

 

だから、勘違いで自分にもできると、生半可に入ってくる人間が後をたたない。

 

だが、確実に言えることが少ないこの世界でも、
「そういう奴は、必ず長期的にマーケットでやられていく」
という真理は揺るがない。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら