また決算シーズンが始まった。

 

決算シーズンは、もう何度も経験しているが、やはりいつまでたっても気持ちのいいものではない。

 

一日一日をとってみると、15%以上反対に行く銘柄を3個以上持っていて泣きたくなる時があったり、色々とあるんだが(記憶では基本負けた時ばかり覚えているのでずっと決算でやられているという錯覚に陥るが)、実はその決算期全体でトータル損益を見てみると、そこまで要因として大きくないことがほとんどだ。

 

まぁつまり決算それ自体は物凄いボラティリティマシーンなんだが、全体としてみると、決算が当たる銘柄も外れる銘柄も五分五分くらいで、全体としてはそこまで影響がないことがほとんど。

 

であれば、別に決算だからと言って、どんと構えていればいいじゃないかって話なんだが、そうはいかない。

 

普段がリスクを抑えていてボラティリティが低いだけに、決算期の自分のPLの高ボラをみると、やはりドキドキしてしまう。まぁ別になんだかんだ慣れてるっちゃ慣れてるんだが、、

 

そして一番の問題は決算期はやることが多すぎて、新しいことに対する研究などが進まないことだ。

 

この3週間くらいは、今考案中の戦略の研究が多分進まないんだろうと考えると、それは結構つらいものがある。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら