基本的に、マーケットニュースとか、マーケットコメンテータのコメントとかは、聞かない方がいい。

最近だともうアナリストの話すら話半分にしか俺たちの会社の人間も聞いていない。

 

別に、自分の軸がちゃんと出来たうえで、「何言ってんだこいつ」という感じでそういったニュースやコメンテータの話を聞くならまだしも、自分の軸が出来ていない時は、100害あって一利なしだ。

 

ニュースのキャスターが無能だとか、コメンテータがカスだという話ではない。いやまぁ大抵そうなんだけど、別に無能だろうが有能だろうが、そういう他者の意見ってのは、自分の軸がしっかりしていない時に耳に入れると、あたかもそれが自分の意見かのように錯覚しやすい。

 

例えば、バカなTVのメディアが扇動すれば、このネット社会でも、一部のテレビだけに情報を頼っている視聴者の考えってのは簡単にゆがめられる。

そして、更に悪いことに、彼らはその考えが、メディアによってバイアスを受けたものではなく、自分で導き出したものだと勘違いしてしまう点だ。

 

マーケットでも、政治経済でも、仕事でも、基本にあるのは、常にデータ。つまり一次情報だ。

その一次情報を自分なりに解釈し、思考し、意味のある結論を導いていく作業がそれを受け取った側に求められる。

こういうのは訓練していかないと、いつまでたっても身につかない能力だ。

 

とりあえず、これは俺のブログだから言うんだけど、トレーダーってのは、そんな簡単な仕事じゃなくて、一部の選ばれた人間だけが勝てる世界なわけよ。トレードに求められるスキルは、経済、政治、ファンダメンタルズ、テクニカル、更に最近だと時系列分析、機械学習等多岐に渡り、かつそれぞれがかなり深いレベルまで知識として入っていないとダメなわけだ。

 

それを可能にした人間が、たかだかテレビにでてあーでもないこーでもないとしょーもない論を振りかざしているカスみたいな人間の二次情報に躍らせれると考えると、とても恥ずかしいと思わないか?

 

二次情報に服従するってことは、その二次情報を与えた人間よりも、自分の解釈に価値がない、すなわち、その人間よりも自分が劣っていると認めているのと同義だ。

自分自身の解釈にたいして、新たな知見、側面のためにほかの二次情報を集めるというのは、当然ながら価値がある。だが、それは、まず自分自身の解釈が出来てからの話だ。

 

まだ自分がマーケットで初心者だと思うのであれば、初心者と思えば思うほど、そういったノイズ的な意見に振り回されないよう、自分を遠ざけておくとよい。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら