筋肉と脳みそは使わないとどんどん劣化していく。

 

当然、どちらもあまり使っていない人にとっては劣化の速さを気にすることはないだろうが、しっかりと鍛え上げると、逆説的に劣化の速さがよく分かる。

 

例えば筋トレなんかしている人はわかると思うんだが、やっとこさベンチで140kg上がるようになって嬉しく思っていたところで、ちょっと仕事が忙しかったり、旅行だったり、何らかの理由で2週間休んでしまうとあら不思議、全く上がらなくなる。

 

140kgの時はアップに感じていた120kgがつらく感じ、再度140kgを挙げれるレベルに戻るまで、最低でも1ヶ月程度かかる。(個人的には)

 

特に最近思うのが、限界に近づけば近づく程その傾向は大きくなるんじゃないかってこと。

 

例えば学生時代、100kgが初めて上がった時は、3週間に一度は無理なく2.5kgずつ重量を上げていった。

 

120kgまではそういうペースでいけんたんだが、そこからは2.5kgは無理になって、3週間に一度、1.25kg刻んでいくようになった。

 

さらに135kgを超えてからは、それこそ3ヶ月で1.25kg上げるくらいのペースになっていった。このペースの鈍化を考えると、自分の体のサイズでの限界に近づいているんではと悲しいながらに思う。(俺はそもそも体が小さいので)

 

なので、その限界近くに来ての休んだ時の劣化ペースってのは、想像以上に早い。

 

脳みそも、一夜漬けしてテストを乗り切った後1週間もすればほとんど忘れてしまっているように、どんどんアホになっていく。

 

最近自分はかなり人生でも頭を使っているなぁと思うのだが、今は特に3,4日くらい連休がくると、その次に普段読んでいた洋書の続きを読むときに、全くついていけなくなったりしてしまう。

 

特に先日風邪をひいて休んでから洋書の勉強を再開した時は頭が本当に悪くなったなと思ってしまった。

 

まぁ、つまり何がいいたいかっていうと、普段からしっかり使っているからこそ劣化しているってのは如実にわかるが、普段使っていない人間はその落差が大きくないのであまり実感としては無くても、ちゃんと使っていない分身体も脳みそも劣化していってるんだよってこと。

 

身体と脳みそは、年齢関係なく、ちゃんと普段から鍛えることをお勧めする。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら