やればやるほど訳が分からなくなってくる時がある。
そういう時は、一度ワードか何かに、書き起こしてみるといい。

 

自分の今までの分析結果、その分析結果に対する考察、仮説、その仮説に基づいた更なる分析とその検証結果、、

 

頭の中で混乱していても、ちゃんと書き起こして、考察してみると、案外すっと線が通ることが多い。

 

また、こういったプロセスを経ることで、異常な分析結果を極力回避することもできる。

 

あまりにもリターンが出すぎる等、変な変化があった時、それがデータマイニングによるものなのか、それとも手法の優位性のよるものなのか、そこに演繹的な説明が下せるときは信用できる場合が多い。

 

そして、多くの場合異常な変化があった場合は演繹的な説明を下せないことが多い。

 

結局リターンとらえるためには、そのリターンの分布、それに関わる有効な指標の分布の特徴をしっかりと掴まなければいけない。

 

何らかの理由で分布におけるCVaRだけを掴んではいないか。

 

裁量でトレードしていく時も、自分の記録、考え方の変化、手法の変化、アイディアなどをしっかり時系列的に、時々まとめてみるといい。

 

そうすることで、頭が整理されて、より洗練されたアイディアに近づくことが多くある。

 

勿論、天才的な頭脳があるのであれば話は別だが、個人的に最近、今までの分析結果をもう一度しっかりとまとめて、逐一考察を行って得た仮説が、より良い結果となって検証されたプロセスがあって印象に残ったので、ネタもないし記事にしてみた。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら