心理は重要だとよく言われるが、確かに心理は重要だ。

 

だがそれは、巷でよく言われるメンタル的なことではなく、マーケットにおける群集心理行動によるバイアスが重要だという意味でだ。

 

マーケットは数式で記述できない。そのもっとも大きな理由はこの人間心理である。

 

マーケットに限らず、経済も人の心理による合理的行動ではないノイズによって、カオス的な影響を及ぼし予測不可能になる。

 

所謂経済学をがちがちにやってきた当局の関係者が、完璧だと思う経済理論に基づいた行動をしても、実体経済の動きがその理論にそぐわないことがままあるのはそのためだ。

 

そして、我々のようなトレーダーには、その影響が命取りになる。「理論じゃ正しいのに、、、」と投資してもそれが実益に貢献しなければ何の意味もないからだ。

 

だが、どんなモデルでも、そのモデルが経済であったり、マーケットであったりを上手く表現できる期間というものが存在する。

 

で、あればそんなモデルをいくつも保有していれば、どんな状態においても上手く表現をし続けることが可能だということになる。

 

だが、忘れてはならないのは、マーケットも人間社会も、変化するということ。当てはまるモデルも変化していく。

 

なので、駄目になったモデルを捨て、そのモデルを埋めるようなモデルを常に考案し続けるといういたちごっこのようなことをし続けなければいけない。

 

これがマーケットで勝ち続けるということ。だが、逆に言うと上記のことが出来れば、普通では手にできないお金を手にできる世界でもある。

 

トレードの世界は、リスクに対してリターンは比較的高いと個人的には考えている。そもそも、マーケットを通して身に着けた考え方は、他の実生活でも役立つことが多い。

 

そういったものを得るというだけでも、一度は足を踏み入れる価値はあるのではないかと思う。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら